こんにちは家ナビです。今回は注文住宅を建設するときに注意しておきたい建物の高さ制限と日影規制について記載していきたいと思います。これらの規制は一戸建て注文住宅の建築やアパート、マンション経営などを考えている場合には理解しておいた方が良いでしょう!

注文住宅やアパートの高さ制限

注文住宅
建築基準法では日照や通風などの面から健康への問題や安全性の問題を考慮するため、建物の高さについて制限を設けています。この高さに関する制限には2種類あり一つは「絶対的な高さに関する制限」もう一つは「斜線制限」です。また、高さに関する制限以外にも「日影規制」があり、それぞれの規制に関してはその敷地の属する用途地域などによって適用範囲が異なります。なお、用途地域につきましては「一戸建て注文住宅や土地活用に最適な用途地域」をご覧ください。

絶対的な高さに関する制限

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域では低層住宅としての住環境を守るため、家の高さは10mまたは12mが限界となります。そのため建物の階数としては3階建(約9〜10m)が限度で4階建ての家やマンション、アパートなどは建てることができません。

斜線制限

用途地域 道路斜線 隣地斜線 北側斜線
第一種・第二種低層住居専用地域 ×
第一種・第二種中高層住居専用地域
第一種・第二種住居地域
準住居地域
近隣商業地域
準工業地域
×
商業地域
工業地域
工業専用地域
×
用途地域の指定の無い地域 ×

用途地域と斜線制限は上記のような関係となっております。北側斜線制限とは北側の土地の日照・通風を確保するための制限です。隣地斜線制限とは隣の土地の日照・通風を確保するための制限です。道路斜線制限とは道路の日照・通風を確保するための制限です。道路斜線制限はすべての用途地域で規制がありますが隣地斜線制限と北側斜線制限は用途地域によって規制がある地域と規制が無い地域が存在します(○は規制があることを示しています)。

斜線制限の適用除外

斜線制限の適用除外とは斜線制限により確保される採光、通風と同程度以上の採光・通風が確保されるものとして政令で定める基準に適合する建築物について、各斜線制限を適用しないという制度です。詳しい内容については注文住宅の担当者や土地活用の相談員に聞いてみると良いでしょう!

日影規制

日影規制とは、建築される中高層建築物によって冬至日に一定時間以上日影となる部分を、敷地境界線から一定の範囲内におさめるという規制です。日影規制の対象となる区域は、商業地域、工業地域、工業専用地域を除く用途地域のうち、地方公共団体が条例で指定する区域となっております。

なお、日影規制の適用対象区域外にある建築物でも当該建築物の高さが10mを超え、かつ冬至日において日影規制の対象区域内に日影を及ぼす場合、当該建築物は日影規制の対象区域内にある建築物とみなし、規制の対象となります。

高さ制限と日影規制まとめ

高さ制限と日影規制は注文住宅を建てるときに注意しておきたいポイントです。また、土地活用を考えた場合も希望の大きさのアパート・マンションを建てることができず、十分な収益を確保することができない可能性ありますので事前に土地活用専門サイトの相談員などに相談すると良いでしょう!

アパート建築を比較する

土地活用や老後の対策でアパート建築をお考えなら完全無料で利用できる「初めてでも安心のアパート経営-安心と信頼の優良企業を一括比較/教えて!土地活用」がおすすめです!!

セキスイハイム、大東建託、Pana Homeなど大手優良企業へ一括で資料請求でき、あなたにぴったりのアパート経営プランを見つける事ができます。

注文住宅を比較する

注文住宅を比較するなら大手優良不動産会社へ一括で資料請求ができる家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】がおすすめです!2万件以上の利用実績があり、短時間で各ハウスメーカー・工務店の最新資料を手にいれることができます。また、気に入った家のハウスメーカー・工務店の担当者に連絡することで家づくりについての法令制限や税金・ローンについて相談することができます。