こんにちは家ナビです。今回は不動産査定で業者からきた査定価格について詳しく見ていきたいと思います。「査定価格が高い不動産会社へ売却の依頼すると高く売れる?」と一部重複している内容ですが他のサイトなどで間違った情報が発信されている事がありますので注意してください。

査定結果に書かれた金額で判断しないほうが良い

不動産の一括査定の注意事項

インターネットで家や自宅の一括査定を利用すると複数の不動産会社から電話やメールで連絡が入り査定金額を教えてもらうことができます(最近は1社から査定がこないケースも多くなっています)。中にはメールに書かれていた金額や、電話で言われた金額が高くて喜ぶことも多いと思いますが、実際に売れる金額はメールや電話で言われた金額ではなく、売買が成立するまではわかりません。

不動産査定のメールや電話で確認できる金額は、一般的に市場価格より若干高めで出す業者が多く、実際に売買が成立する金額はその価格よりも若干低いことが多いです。また、不動産業者自身による買取価格は仲介による媒介価格の6割〜7割程度とされており余程急いで換金する理由がない限りは買取ではなく仲介による売却を行ったほうがより多くのお金が手元に残ります!

査定額を決める要素

不動産査定
不動産査定で査定額を決める要素として一戸建ての場合は土地値がもっとも大きな要素となります。土地値の求め方については「土地売却時に参考になる価格査定・計算方法」でも記載している通り、簡易な方法として相続税路線価、固定資産税路線価から求める方法があります。概算の計算方法ですが使いやすいのでプロである不動産会社自身も使っている方法です。

建物と土地を合わせた査定方法は「不動産会社による家の評価・査定方法」で書いた通り「取引事例比較法」「積算価格法」「収益還元法」があり投資物件として活用できる立地や間取りの場合は収益還元法が使われる事もありますが、一般的には取引事例比較法で査定額をだす不動産業者が多いです。

査定額を高める方法

査定額を高める方法としてはリフォーム・リノベーションがあります。リフォームやリノベーションを行うことで査定額を高めることができますが、費用が発生しますので不動産売買やリフォームの知識がない方にはあまりお勧めできません。

これまでの経験上不動産業者に言われたままリフォームを行っても、結局はリフォーム価格以下の値上がりしかせず「リフォームをしないで家を売却した方が得だった」なんてことはよくあります。不動産投資家が買う可能性がある一戸建てや区分所有マンションの場合は特に、リフォーム・リノベーションをしないで家を売った方が結果的には高く売れる傾向があります。

なお、ハウスクリーニングについては金額も安いので物件によってはハウスクリーニングをしてから家を売った方が良いでしょう!ハウスクリーニングの詳細につきましては「ハウスクリーニングした方が高く売れる家」で書いています。

助手

投資家が買う可能性のある家は90㎡以下など大きすぎず賃貸しやすい家です。また、立地については山奥で賃貸需要のない地域ではなく、駅近ではなくても賃貸需要のある地域の家を買います。

不動産の一括査定まとめ

不動産査定では高い査定金額を出してくれた業者=良い会社ということはありません!!個人的には査定価格よりも査定価格を出した根拠をしっかりと説明できる業者へ家の売却の依頼をした方が良いと感じています。変な業者に大切な家や自宅の売却を依頼しないためにも業者比較サイト(一括査定サイト)を上手に使うようにしましょう!

私も使っている不動産査定サイト

家や空き家を高く安全に売りたいなら完全無料で利用出来る不動産売却のイエイが最もおすすめです。

提携不動産会社も多く、あなたの家を売るのに最適な優良不動産会社が査定を出してくれます!!また、査定結果に納得いかない場合のお断り代行もしてくれるので断るのが苦手な方にも安心です(^^)

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」