こんにちは家ナビです。今回は注文住宅や土地活用で注意したい防火地域・準防火地域、建築制限について記載していきたいと思います。これらは土地を購入するときの重要事項説明書などに記載がされていますので重要事項説明書を持っている場合は見てみると良いでしょう!なお、重要事項説明書がない場合、市区町村役場の都市計画課などで調べることができます(^^)

防火地域・準防火地域

重要事項説明書

防火地域と準防火地域は重要事項説明書では上記のように記載されています。なお、重要事項説明書については姉妹サイト家ナビの「不動産会社からの重要事項説明書」で記載を行っております。
防火地域や準防火地域内では、建物の密集地域における延焼を防止するために、建築基準法によって建築の構造について一定の制限を設けています。対象となる建物が異なる地域にわたる場合、建物全体が規制の厳しいほうに属するものとされ、規制を受けることになります。

防火地域 準防火地域
耐火建築物にしなければならない建物 3階以上または延面積100㎡超 4階以上または延面積1500㎡超
耐火・準耐火建築物にしなければならない建物 2階以下かつ100㎡以下 3階以上または延面積500㎡超1500㎡以下
運営者

防火地域や準防火地域は都市計画区域内に指定されます。用途地域としては一般的に商業地域などで指定されていることが多いです。

様々な建築制限

建築制限

様々な建築制限として「外壁の後退距離の制限」や「建築協定による制限」などを記載していきたいと思います。これらの建築制限も防火地域・準防火地域の制限同様に注文住宅やアパートの建築コストや間取り、外観に影響を与えます。

外壁の後退距離の制限

第一種低層住居専用地域または第二種低層住居専用地域内では外壁の後退距離の限度が定められている場合、家(一戸建てや集合住宅)の外壁または柱の面から敷地境界線までの距離を1.5m以上または1m以上としなければなりません。なお、低層住居専用地域などの用途地域については「一戸建て注文住宅や土地活用に最適な用途地域」をご覧ください。

敷地面積の制限

用途地域内において、都市計画によって建築物の敷地面積の最低限度が200㎡を超えない範囲で定めれれた場合、その敷地は最低限度以上でなければなりません。そのため150㎡と定められている土地では100㎡の土地に家を建てることはできません。

ただし、都市計画で定める指定建ぺい率が80%の地域内(具体的には商業地域や準商業地域など、詳しくは「建ぺい率・容積率と土地活用」をご覧ください)でかつ防火地域内にある耐火建築物の場合や敷地の周囲に広い公園がある場合で特定行政庁が許可したものなどにはこの規定の適用はありません。

建築協定による制限

建築協定とは住宅地としての環境または商店街としての利便を高度に維持増進するなど、建築物の利用を増進し、かつ、土地の環境を改善するために一定の区域を定め、その区域内における建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠などに関する基準を、その区域の土地所有者などが定めたものです。

運営者

具体的には世田谷区の建築協定などが有名です。建築協定は法律ではありませんが特定行政庁の許可を得て設定・公告されるため、原則として協定区域内の土地所有者は協定に反する事はできません。建築協定については市区町村の建築指導課で調べることができます。

防火地域と建築制限まとめ

防火地域・準防火地域

防火地域や準防火地域に注文住宅を建てる場合は耐火建物または準耐火建物にしなければならないので、それ以外の地域に建築するのに比べると建築コストが高くなる場合がほとんどです。また、土地活用としてアパートを建てる場合も同様に、建築コストが高くなります。そのため防火地域・準防火地域や各種建築制限に関する知識は重要となります。これら規制のある地域に注文住宅やアパート建築を検討しているのならばまずは、資料請求を行い、ハウスメーカーの担当者や相談員に相談した方がいいでしょう!

アパート建築を比較する

土地活用や老後の対策でアパート建築をお考えなら完全無料で利用できる「初めてでも安心のアパート経営-安心と信頼の優良企業を一括比較/教えて!土地活用」がおすすめです!!

セキスイハイム、大東建託、Pana Homeなど大手優良企業へ一括で資料請求でき、あなたにぴったりのアパート経営プランを見つける事ができます。

注文住宅を比較する

注文住宅を比較するなら大手優良不動産会社へ一括で資料請求ができる家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】がおすすめです!2万件以上の利用実績があり、短時間で各ハウスメーカー・工務店の最新資料を手にいれることができます。また、気に入った家のハウスメーカー・工務店の担当者に連絡することで家づくりについての法令制限や税金・ローンについて相談することができます。